記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M3Dストレート

まだ確実にと言い切れるわけではないですが、


M3Dストレートの押さえておかなければならない点が


見えてきました。


今日のお客様は高校生


今まで、中性域のストレート剤を使用していたこともあり、


軟化タイムが長くその割に伸びない、


ダメージが進むなど、手触りは悪くないが納得いかんという仕事でした。


そして今回、


毛量はまま多く癖はこまかくないのですが、なかなかとれにくい


毛先は前回M3Dストレートをやってはいるが、


他メーカーの縮毛矯正剤にM3Dを使用していました。


シャンプー後


ドライ


M3Dストレート ソフト+ハード(1:1)『ハードオンリーでもよかったかも』


リタッチ


中間毛先は薬剤が万が一ついてもいいように保護

『いろいろやり方はあると思うのですが、・・・・』


10分放置(5分・7分・あとは1分・30秒と細かく』チェック


中間毛先にソフトを塗布(前回甘かったところがあるので)


全体塗布後もう一度チェック、


シャンプー台へすぐ、移動


顔周りから流す、(顔まわりは意外とダメージがあるので

もう一つの理由は流したところから空気酸化がはじまってしまうので

ネープから流すとネープの毛が折れてしまう恐れがあるから)


梳かすように流す

薬剤の色[白濁状がなくなるまで]


コンディショナー軽く流す(チェンジリンス)


タオルドライ(こすらない・絞らない)


シャンプー台に起こしたら


きれいにコーミング(ターバンなし)


ST塗布


肝はここからハンドブローなわけですが


ばさばさドライをしたらおしまい


ハンドブローの後


コームドライここまでで約90パーセント決まると思います。


アイロンは180度でリタッチ部はゆっくり中間毛先は


とくにテンションに気をつけてひとりで25分ぐらいでした。


あとはSTと2液でフィニッシュ!


いい感じで上がりました。

 山形県 米沢市 美容室 M3D カラーシステム 導入店             ヘアーカットブロス   HAIR CUT BROSSE

お客様も喜んでもらいましたが、自分がうれしい!!

ちなみにハンドブロー軽くコームドライ

なんじゃこりゃーてくらいぴかぴかです。


ではまたー!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

TOTAL

プロフィール

brosse

Author:brosse
ヘアケア・ヘアーデザインとお客様から信頼されるべく

毎日をおくる山形は米沢の美容室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。